注文住宅 ブログ

注文住宅 新築一戸建てを予算で実現

*

IoT住宅

   

注文住宅 ブログ IoT  住宅

IoT住宅

「IoT」とは「Internet of Things」の頭文字を取った単語です。日本語では一般的に「モノのインターネット」と呼ばれています。IoTを簡単に説明すると、「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。

これまでも、パソコンや携帯電話などのモノがインターネットにつながっていました。IoTではこれまでインターネットとは無縁だったテレビやエアコンがインターネットにつながることにより、モノが相互通信し、遠隔からも認識や計測、制御などが可能となります。人が操作してインターネットにつなぐだけではなく、モノが自らインターネットにアクセスすることがIoTの特徴です。

IoT技術の発展・導入で、私たちの生活から働き方まで大きく変化を遂げています。住宅においてもこれまでは当然不可能であったことが、次々と実現していく時代です。

離れた場所から

外出先からスマホやタブレットで設備や家電を操作、お風呂を沸かしたり、エアコンのスイッチを入れたりといった遠隔操作も馴染みのある一例です。

高齢の親が電気ポットを使うとその使用状況が離れて暮らす子どもにメールで届く安否確認や、在宅介護中の親の室内の温度設定を仕事先からでも行うことができたり、今後ますます進むといわれる超高齢化社会に欠かせない存在となることでしょう。

適切な制御を自動的に

IoT住宅では住宅内外にセンサーを設けて、外の環境の変化に応じ適切な制御を自動的に行えることが特徴です。自宅内外の温度等を検知し、換気で涼しくなる場合は自動的に窓を開けるという機能を持たせることも可能です。これにより快適な生活と省エネを同時に実現することができます。

住宅の脅威は天候だけではありません。不審者による侵入や盗難といった被害も後を絶ちません。自宅外のセンサーで不審者を確認したら、即座にドアや窓を閉めてロックし、不審者が侵入できないようにします。警備会社のシステムと連携することができれば、この時点で警備会社に通報することも可能となるでしょう。

豊かな暮らしを提供

このように、モノがインターネットを通じて、クラウド環境と接続され、外部と宅内情報を連携し、エネルギー自動制御やセキュリティ監視など、人々に豊かな暮らしを提供します。

IoT住宅では、太陽光発電や蓄電池、エアコンなどの様々な住宅設備がインターネットとつながることで、住まいのデータや地域情報と連携し、より快適で安心・安全・便利なサービスを実現します。

 

 - 住宅性能