注文住宅 ブログ

注文住宅 新築一戸建てを予算で実現

*

フラット35

   

注文住宅 ブログ 住宅ローン フラット35 住宅金融支援機構

フラット35

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携し、提供している全期間固定金利住宅ローンです。全期間固定金利住宅ローンは、資金の受取時に返済終了までの借入金利・返済額が確定する住宅ローンで、最長35年の長期にわたるライフプランを立てやすくなります。

主に短期の資金で資金調達を行う銀行などの民間金融機関は、長期固定金利の住宅ローンを取り扱うことが難しいとされています。
そこで、住宅金融支援機構は、フラット35を取り扱っている数多くの民間金融機関から住宅ローン(フラット35)を買い取り、それを担保とする債券を発行することで長期の資金調達を行い、民間金融機関が長期固定金利の住宅ローンを提供するしくみを支えています。

建築主が住宅ローンの資金を受け取りになると同時に、金融機関は建築主に対する住宅ローン債権を住宅金融支援機構に譲渡します。
住宅金融支援機構は、その債権を信託し、それを担保とした債券を投資家に発行することで、住宅ローンのための資金調達を行います。返済困難となった場合でも建築主の住宅ローン債権が更に譲渡されることはありません。

建築主の住宅ローン債権が金融機関から住宅金融支援機構に譲渡されても、融資金利や返済期間などのご契約条件に変更はなく、返済手続きは、引き続き申込みを行った金融機関が窓口となります。

利用に際しては、住宅金融支援機構で定めた技術基準に基づく物件検査を実施します。あわせて、新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証について交付確認を行います。
さらに、省エネルギー性・耐震性等、質の高い住宅を取得する場合に、金利を一定期間引下げる制度【フラット35】Sを利用できます。

一般的に住宅ローンの借入れに必要となる保証料がかからず、保証人も必要ありません。また、返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料はかかりません。

建築主に万一のことがあった場合に備えて、機構団体信用生命保険や3大疾病保障付機構団体信用生命保険の選択もあります。

注文住宅 ブログ フラット35 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構 フラット35より抜粋(2016.0718現在)

住宅金融支援機構 フラット35 ホームページ

 

 - 住宅ローン