注文住宅 ブログ

注文住宅 新築一戸建てを予算で実現

*

工務店の地域愛・熊本地震

   

注文住宅 ブログ 熊本地震 罹災(りさい)証明書

工務店の地域愛・熊本地震

観測史上初めて震度7の揺れを2回観測した熊本地震では、これまでに49人が亡くなり、今も1人の行方が分かっていません。避難している人はおよそ1万2000人に上っています。(2016.0510現在)

けがをした人は、10日午後1時半現在で、重傷が342人、軽傷が1249人となっています。

住宅の被害は、10日午後1時半現在、確認されただけで、熊本県内でおよそ3万4000棟に上っています。全壊が2654棟、半壊が4193棟、一部破損が2万6920棟です。ただ、調査はまだ途中で、県によると、さらに増える見通しです。(NHKニュース抜粋)

大変な地震に見舞われました。そのような状況の中、地震災害直後から地域の工務店は自身も被災しながらも、お施主様の安否の確認や住宅の被害の対応に尽力し、地域愛に溢れた対応をしています。

被災直後は、交通状況がストップ、ライフラインも途絶え連絡がとれない中、ネット広報からお客様に呼びかけました。

「被害の申請は、住家に被害があった場合『罹災(りさい)証明書』の発行が必要になります。申請には写真が必要になりますので、二次災害、お身体には充分にご配慮いただき、出来る限り多くの写真を撮っておいて下さい。地震保険の適用になる場合にも必要になります。」

現在も日々復旧に追われているかと存じますが、皆様のご無事と、一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

 - 罹災証明書