注文住宅 ブログ

注文住宅 新築一戸建てを予算で実現

*

三世代住宅に補助金

   

注文住宅 ブログ 三世代 補助金

三世代住宅に補助金

国土交通省は、平成27年度補正予算案に「三世代同居・近居がしやすい環境づくり」のうち、三世代同居に対応した良質な木造住宅の整備の促進(地域型住宅グリーン化事業の拡充)を盛り込んだ。

地域における資材供給、設計、施工などの連携体制による良質な木造住宅の整備に対して支援する「地域型住宅グリーン化事業」を拡充し、地域の中小工務店等による長期優良住宅等の整備と、それと併せて行う三世代同居対応工事への支援を緊急に行う。

希望出生率1.8の実現に向けて、親世代が子育て世代の育児等を支援するための三世代同居を良質な住宅において可能とするため、三世代同居に対応した良質な新築住宅の取得を支援する。

現行の補助要件に加え、キッチン、浴室、トイレまたは玄関のうち、いずれか2つ以上を住宅内に複数箇所設置する住宅(三世代同居対応住宅)であることが条件となる。その場合、補助として30万円を加算。使用する木材には、都道府県の認証制度などにより産地証明されている木材を使用する必要がある。主要構造部に地域材を使った場合の加算は20万円。合計で一戸あたり最大50万円の加算が受けられることになる。

詳細は下記、国土交通省のホームページで確認できる。

■国土交通省ホームページ 木造住宅の振興施策について

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/mokuzou.top.html

 

 - 住宅制度, 住宅補助金